iPhoneの歴史と進化について

初期のiPhone

現在でも中古購入が可能なのは、iPhone3GSからとなります。iPhone3GSは、日本では2009年に8GB、16GB、32GBの3種類が発売されました。ブラックとホワイトのシンプルカラーでappleファンが大好きなロゴマークがよく目立つデザインが特徴でした。デジタルコンパスの登載は、現在のマップのベースになっているものです。また、この頃からすでに音声操作が可能なものでした。

在庫があればとても安い価格で購入することができますが、製品サポートが終了しているため、商品の状態を確認することをおすすめします。外装がスリム化されて登場したiPhone4は、カメラ機能や画像の解像度が前のモデルに比べて4倍にもなっており、室内でも美しい写真を撮ることができます。

iPhone5は、より薄く持ちやすいデザインを実現し、軽いのに画面が大きく見やすくなった画期的なモデルです。処理速度もさらに高くなっており、現在でも中古購入で1万円以上することがあります。iPhone5sは、高級感あふれるデザイン性に優れるとともに、カメラ機能がさらに向上し、指紋認証センサーがいち早く導入されています。カラフルなカラーバリエーションが人気となったのがiPhone5cです。5色のなかから選べるというiPhoneシリーズでは珍しいモデルとなりました。