iPhoneの歴史と進化について

進化が止まらないiPhone

iPhone6は、4.7型ディスプレイなり、さらに見やすくなりました。また、iPhone6plusは5.5型とさらに大画面で、タブレットの要素も含んでいることから、その分、重量が増しています。高いコントラスト、長時間持つバッテリーなど、ユーザーのニーズに応えた機能が充実しており、通信速度も速くなりました。新しい機種が発売となった現在でも、中古機種は高値で販売されています。

iPhone6sとiPhone6sPlusも4.7型、5.5型の2種類のモデルがあり、見た目はiPhone6シリーズとあまり変わらないものの、液晶画面に感圧センサーが搭載され、3D-touchが可能となりました。女性に人気のローズゴールドのカラーが追加されたのも人気となった理由のようです。

最新機種であるiPhone7、iPhone7Plusは、iPhoneでは諦められていた防水機能を搭載し、水没からのリスクが解消されたため大きな話題となりました。また、おサイフケータイなど、日本独自の機能に着目して進化されたため、Suicaなどの電子マネーの利用を待ち望んでいたユーザーにはたまらないモデルとなっています。最近では、iPhoneに話しかけるだけで秘書のようにサポートしてくれるSiriとの何気ない会話が楽しいと大きな話題になっています。これからさらにどのような進化があるのか、想定できないだけに期待が膨らみます。